Live Chat

0120-120-797

vipabcのSEM運用実績、アメリカで最優秀賞

(2016年3月15日、サンティアゴ)Search Engine Marketing Professional Organization(SEMPO、国際サーチエンジン・マーケティング業界機関)は、2016年3月10から11日、アメリカ・カリフォルニア州のサンティアゴで、2016年度のグローバルフォーラムを開催しました。全世界から700社余りの有名企業の代表者と30数カ国から1,000名以上のマーケティング有識者が一堂に集い、ディスカッションを通して、情報と経験を交流しました。このフォーラムは過去1年間にSEMにおいて傑出した業績を残した企業を表彰し、デジタルサーチエンジンの将来の発展への新たな方向性を見定めることを目的としています。そして、世界のリーディングカンパニーである、ネイティブ講師によるオンライン英語教育機関vipabcは、「国際ビッグデータ・マーケティングプラクティス最優秀賞」(Best of International Big Data Marketing Practice)の栄誉に輝きました。

vipabcアメリカで「国際ビッグデータ・マーケティングプラクティス最優秀賞」に輝く

vipabcのマーケティングオペレーション部の最高責任者アントニー(Antony)がフォーラムの受賞挨拶でこのように語りました:

「ビッグデータに関連する技術と理念を導入する企業はますます増えています。それに伴い、SEMはビッグデータ・マーケティングの一つの手段として、空前の注目と関心を集めています。vipabcはオンライン教育をリードする企業として、今後もビッグデータを活用し、マーケティングでの正確な意思決定を助け、自社のプラットフォームサービスの発展を促進して行きます。」

高度に情報化された今日、データが急速に膨脹する現象はあらゆる業界に浸透しています。ビッグデータの中からユーザーのニーズを見つけ出し、それに商業化することは、マーケティングでの差し迫った必要となっています。アントニーはスピーチの中で説明しました:

「大きなデータの一つ一つは、断片的なスモールデータと切っても切り離せない関係にあります。データの規模とデータ源が違えば、分析の結果も千差万別となります。企業は初期の段階でデータマイニングを行い、最適化されたモデルを確立する必要があります。そして可視化されたツールを利用し、更に科学的にデジタルマーケティング媒体の価値を分析することで、データがさまざまなマーケティング戦略の策定を支える力となるのです。」

vipabcを例に、アントニーは付け加えました:

「vipabcでは、テクニカルツールを組み合わせて、さまざまなタイプのデータを収集します。そしてさまざまな角度からデータを分析し、お客様のニーズを掘り起こし、それに対応するソリューションを開発します。vipabcはデジタルマーケティングの最終目的について、非常に明確な考えを持っています。それは最適なキーワードの組合せではなく、最も魅力的な広告素材でもなく、相手に応じてソリューションを提供することだと考えます。

過去では、私たちはユーザーがレッスンを購入したという結果しか分からず、購入に至る過程まで洞察することはできませんでした。しかし、ビッグデータを使えば、ユーザーの年齢、性別、職業、分布地域、学習習慣、趣味・嗜好、インターネットの利用習慣、マルチスクリーンでの行為などの属性を分析することができます。それによって、ロングテールの顧客一人一人に十分に対応することができます。そしてブランドの正確な位置づけ、価格プランの策定、サービス面の長所の強化などを実現することができます。」

大多数の企業にとって、ビッグデータの応用は今も実践しにくいものです。なぜなら、ビッグデータというのは比較的抽象的な概念であり、量が極めて多く、ソースも多様化しているからなのです。vipabcは、シリコンバレーの研究開発部隊の実力と、オンライン教育を20年近く耕して来た経験を武器として、ビッグデータの運用において、すでに世界のトップレベルです。

 


 

vipabcの紹介

世界をリードするテクノロジー

vipabcは世界初、365日24時間・年中無休のオンライン教育機関であり、現在はすでに累計1,000万以上のレッスンを実施し、学習者は世界135の国と地域に及んでいます。vipabcのコアテクノロジーは、アメリカ・シリコンバレーに拠点を置くR&Dチームによって研究開発されました。特許を取得した自社独自開発の「DCGSお好みシステム」は、学習者一人ひとりの特性に合わせて、ネイティブ講師と学習者を正確にマッチングし、コースと教材をオーダーメイドで提供します。欧米を中心とする10,000名以上のネイティブ講師は、世界80数カ国以上、100都市以上に分布しております。

グループの時価総額は10億ドル超え

親グループiTutorGroupは、世界初で唯一、時価総額10億ドル超えの語学教育企業です。また、第三者投資額も3.15億ドルに上り、業界において世界No.1です。投資者はゴールドマンサックス、SBI、サイバーエージェント、テマセク、アリババなどの世界的な著名企業です。

 

SEMPOについて

SEMPO(国際サーチエンジン・マーケティング業界機関)は2003年に設立された非営利団体です。その使命は全世界を対象にSEMの価値と意識を普及させることです。 組織では傘下に、アジアチーム、発展委員会、教育委員会、グローバル委員会、マーケティング委員会、研究委員会、イギリスチーム、体制と基準促進会など、委員会と活動チームがいくつか設けられています。