Live Chat

0120-120-797

【外国語習得、習慣の完全攻略へ#1】浸かる学習環境での“習得”

浸かる学習環境、スパイの物語より

語学学習というものは、スパイの仕事にとって命に退きをとらないほど重要なものである。以下の物語をお読みください。

命に係る語学学習

第二次世界大戦の時、米軍のあるチームがスパイ活動のためドイツに派遣された。彼らの任務は3ヶ月以内にドイツ語を習得すること、そしてドイツ・ロシア国境付近にパラシュートで降り、ナチスドイツに潜入するというものであった。想像してみてください、普段あまり頭を使わない米軍兵士が三ヶ月以内で複雑なドイツ語をマスターしなければならないのです。もしマスター出来なければ、三ヶ月後彼らには逃れられない死が直面します。命を無駄にすることは出来ないが、時間には限りがあります。一体、どうマスターしたんでしょうか?

ドイツ語がマスター出来なければ、命に関わる

幸いなことに、米軍の特務軍長には良い言語学習の習慣を持つ者がいた。彼が行ったことは史上最も画期的な援護学習方法だったかもしれない。彼は同盟軍からドイツ軍の捕虜を連れて来させ、毎日米兵と生活を共にすることを命じた。米兵達には英語を使うことを禁止にし、カタコトなドイツ語でのコミュニケーションを余儀なくされた。三ヵ月後、彼らは奇跡的にドイツ語を習得することが出来たのだ。

戦争時、3ヶ月に渡っての“浸かる”学習環境の体験

これはほとんどの外国語学部でよく耳にする物語だが、その真偽は未だに証明されてはいなかった。それはさて置き、物語の主旨は明白だ。三ヶ月で外国語が習得できるのであれば、何年もある学校ならもっとできるはずだ。唯一の違いは米軍たちは僅か三ヶ月の間だが、ドイツ軍の捕虜と日夜を共に過ごし、無意識の内に絶好の学習環境を体験できたことだ。

外国語にどっぷり習得理論

「Immersive Learningテクニック」とは心身共に学習に投入し、外からの影響を最小限まで減らすこと。この状態では無意識に知識を習得し、しっかりと覚えられる。

浸かるとは没頭するだけでなく、外からの影響をも減らす

このような無意識に習うことは世界で有名な語学専門家Stephen D. KrashenよりAcquisition(習得)と呼ばれている。AcquisitionはLearnと反対な語学学習方法だ。アクティブに行う学習と違ってAcquisitioは無意識の中で動いている、知らず知らずのうちに習得する。

学習は単語を暗記、習得は単語を拾う

例えば、本でfamilyの発音を暗記するのは学習。映画のシーンでfamilyを覚えるのは習得。理論上、赤ん坊が片言を話すのも一種の習得。もっとも有効な学習習慣として習得は学習より効率がいい。外国語をより一層理解し、ちゃんと覚えることができます。

浸かる語学環境で習得、赤ん坊が母語を習うように

上記のように、習得は浸かる学習方法の中で自然と知らず知らずのうちに影響を与える。

tutorabcでは最大限に浸かる学習の学習環境を提供できる。24時間自分を母語環境に置ける。外国人講師と映画からドラマまで、何でも話し合える。知らない内に語学や文化まで習う。


tutorabcについて

tutorabcはアメリカシリコンバレーの技術チームによって開発設立されました。特許取得済みの独自開発したDCGSシステムにより、80カ国、100都市を超える外国人講師と学習者のマッチングを行い、カスタマイズされたレッスンプランと教材を提供しております。tutorabcは業界に先駆けた365日24時間年中無休のオンライン英会話サービスであり、10,000名以上の外国人講師が在籍しております。今までに1,000万回を超えるオンラインレッスンを実施しており、利用者は135カ国と地域に及びます。