オンラインチャット チャットで相談する
LINEで質問
オンラインチャット チャットで相談する

「英語4技能試験、大学入試に本格活用開始! 損する人、得する人」

「英語4技能試験、大学入試に本格活用開始! 損する人、得する人」

近年急速にグローバル化が進み、仕事や日常生活などのさまざまな場面で、英語によるコミュニケーションが必要になりつつあります。また、グローバル化に対応した英語教育改革として、2020年度からは現在のセンター試験に代わる「大学入学共通テスト」で民間の英語4技能試験の結果も採用可能であることが決定しているため、特に今後大学入試を受験する方は気になっているのではないでしょうか。そこで、英語4技能とは何か、どのような試験が活用され、それはいつから始まるのかなどについてお伝えしていきます。

東京大学安田講堂top

英語4技能って何のこと?

英語4技能とは、英語の「聞く(listening)」「読む(reading)」「話す(speaking)」「書く(writing)」という4つのスキルのことで、この英語4技能をバランス良く習得できてこそ、実際に英語でのコミュニケーションができるということになります。

そして、本当に使える英語を身に付けるためには積極的に英語の技能を活用し、主体的に考えて表現することができるよう、4技能を総合的に育成・評価することが重要であるという考えから、2020年度の「大学入学共通テスト」に英語4技能試験が活用されることが決定しました。

日本の英語教育に不足していたもの

日本の英語教育については多くの議論を耳にしますが、共通しているのは「話す」機会が少ないという点です。これまでも英語4技能のうち「聞く」「読む」「書く」の教育はされていましたが、「話す」教育が圧倒的に足りていないということは、言わずと知れた課題でもありました。

実際に、現在の大学入試がペーパーテスト中心であることを背景に、高校の英語の授業は、入試対策として「聞く」と「読む」の2技能に重点がおかれているのが現状です。その結果、英語の試験の成績が良くても話すのは苦手だというケースが多くなってしまいました。ですが、話すことが苦手という状況では、グローバル化に取り残されていくことは確実です。

そこで、小学校中学年から外国語活動を開始することで英語との接点を増やし、高校卒業時には4技能を積極的に使える英語力を身に付けることを目指す方針が決定したというわけです。

英語4技能を測る民間試験はこれ!

50~60万人が受験することになる大学入学共通テストで、新たに「話す」「書く」の評価を追加するには莫大な時間とコストが掛かります。そこで、既に英語4技能評価で豊富なノウハウと実績のある民間試験を活用することになりましたが、2020年度の最初の共通テストで活用される8種類の民間試験・資格が既に決定しています。

採用が決まった8種類の民間試験・資格

【ケンブリッジ英語検定】
【TOEFL iBT】
【IELTS】
【TOEIC】Listening&Reading Test , Speaking&Writing Test
【GTEC】【TEAP】
【TEAP CBT】
【実用英語技能検定】

実践的な英語を身に付けるためには4技能をバランスよく習得する必要があるとお伝えしましたが、まずはスピーキングテストを受けて、現時点での「話す力」を試してみるとよいでしょう。

スピーキングテストは、試験を行う団体によって異なりますが、電話やパソコン、スマホアプリを使って行われることが多く、なかには対面式の場合もあります。そして基本的に、相手が理解しやすい言葉やイントネーションで話せるかどうか、適切な言葉を選んで使えるかどうかなどが判定されます。一般向けやビジネスに特化したものなど、試験を行う団体によって異なり、個人で受験できるものや団体受験のみのものもありますので、自分のレベルや目的に合わせて選んでみてください。

また、現在は「人」による採点が基本ですが、スピーキング試験を行っている日本英語検定協会では、2019年度からスピーキングやライティングで人工知能(AI)による自動採点を順次導入すると発表しています。従来の「人」による採点と組み合わせることで、精度の向上や時間短縮が期待でき、大学入試に活用されることも見据え、より公平な検定を行うことが目的です。この試みが成功すれば、今後はAIによる自動採点を導入する団体も増えてくることでしょう。

英語4技能試験が大学受験で広く活用されるのはいつから?

2020年度に始まる「大学入学共通テスト」から民間の4技能試験や資格も採用されますが、2023年度の共通テストまでは、センター試験と同様のマークシート式問題も併用されることになっており、各大学は共通テストと民間試験のいずれか、または双方を選択して利用することになります。

いきなり移行するとなると、大学側はもちろん、対応に追われる高校側にも負担が大きくなるため、あくまで英語4技能の評価を行うことが原則ですが、順次移行するための期間が設けられているのです。

最近では、大学でもグローバル人材の育成に力を入れるため、積極的に英語教育を行おうとしていますが、入学の段階で十分な英語力が身に付いていないのが現状です。そのため、いくら教育に力を入れても十分な効果を得ることは難しいため、入試の段階で英語4技能がバランス良く身に付いているかを判断できるということは、大学側にとっては大きなメリットだと言えるでしょう。

また、受験する側からしても、英語力次第で大学入試はかなり有利なものになるはずです。

名門高校でも英語の授業に変化あり

今後ますます英語4技能が不可欠であることから、開成高校や都立日比谷高校などの名門高校でも、英語の授業に変化が出てきています。

開成高校でも実践的な英語学習

開成高校では、各学年が週6時間の英語の授業を行っており、担当教員の選んだ教材や独自の教材・プリントなどを使って基礎を固めつつ、読解力や英作文力を高めて大学入試に向けた実践力を養っています。さらに、ディスカッションなど、外国人講師による授業によって実践的なコミュニケーション能力の向上を目指しています。従来の「聞く」「読む」「書く」授業に加え、「話す」機会を増やし、4技能をバランス良く身に付けるための理想的な環境を構築できていると言えるでしょう。

都立日比谷高校ではケンブリッジ英検導入

都立最難関校である都立日比谷高校は、2015年に東京都教育委員会から「東京グローバル10」の指定を受け、海外派遣研修をはじめさまざまな取組みを展開しています。英語については2016年度からケンブリッジ英語検定を校内実施しており、年に1度、2年生は「ファースト(FCE)」(TOEIC800~900程度)、1年生は「プレリミナリー(PET)」(TOEIC350~500程度)を全員が受験することになりました。また、4技能を鍛えるために1年生の英語の授業はディスカッション、2年生はディベートを軸に組み立て、授業中は教員も生徒も原則英語で行われています。

英語4技能の向上に向けて、今後は多くの高校でさまざまな取り組みが行われていくことでしょう。

4技能試験を受けた新入社員が入社するのはいつから?

大学入学共通テストへの民間試験の活用は2020年度から始まりますので、4技能試験を受けて大学を4年間で卒業した新入社員が実際に入社するのは2025年の春からです。

一定レベル以上の英語力を持った社員が入社してくるので、既に活躍中の世代にはかなりプレッシャーになることでしょう。精神的なプレッシャーだけでなく、現実問題としてピンチを招かないとも言い切れませんので、先輩社員は英語力のブラッシュアップが必要になってくるでしょう。

まとめ

英語4技能を鍛えて本当の英語力を身に付けるということは、大学入試にとても有利です。もちろん、今後は日常生活や仕事の中で英語力を活かす場面も増えてくるでしょう。「読める」「書ける」だけでなく、「話せる」英語を身に付けてみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む