オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

アルバイトでも英語が必要になってくる?

アルバイトでも英語が必要になってくる?

アルバイトは正社員とは違い、非正規のお仕事です。しかし現代社会においては簡易的な補助要員という位置づけではありません。元々昭和の頃のアルバイトは、あくまで正社員を間接的にサポートする「お手伝い」の位置づけでした。ところが近年では非正規雇用もまた現場では正社員と同等の働きを求められています。

職種によって求められるスキルやキャリアは異なりますが、平成の今日においてはアルバイトもまた即戦力性が高く要求されており、未経験でも応募は可能ですが、やはり経験豊富な人材の方が優位な条件で雇用されます。

接客のアルバイトをする上で求められるスキルは、コミュニケーション能力です。顧客や同僚のスタッフと的確に意思疎通を図る必要があります。ファストフード店やカフェ、コンビニエンスストアの店員はこのスキルが要求されており、接客業の経験がある方、持ち前の明るい性格がある方は優位な条件で雇用されます。

最近、何かと話題になっているのが外国人観光客の増加です。観光立国を日本は目指しており、既に東京や大阪、福岡や北海道などは外国人観光客の姿がとても多くなりました。ここ数年でインバウンド消費の額は劇的に向上しており、各企業も売り上げ増加に期待を寄せています。

外国人観光客の接客を任せられる英語力に秀でたアルバイトスタッフの需要も高まって来ました。英語力に自信がある方はより良い条件でファストフード店やコンビニエンスストアのアルバイト募集に応募でき、賃金や待遇面で優遇してもらえる可能性大です。

英語は世界共通語であり、英語で簡単なコミュニケーションが取れるだけで、欧米諸国からアジア諸国の方々まで、幅広い外国人観光客の方々と意思疎通が図れます。裏を返せば今後、普通の接客業のアルバイトでも英語力がコミュニケーション能力にように、当たり前のスキルとして求められる未来が待っているかもしれません。外国人観光客は今後も急増する事が予想されています。

今後はアルバイトでも英語が必要になってくるという事も考えられます。インバウンドや外国人観光客の増加でこれだけ多くの人が日本に来るということになれば、当然接客などでアルバイトにも英語力が求められるという事も出てくるようになると考えられるというわけです。会話無しで全てのサービスが利用できるというわけでは無いわけですから、これは必然的にそうなるとしか言いようがありません。当然英語力がある人の方が優遇されるという事になる事は考えられる事だといって良いでしょう。英語が出来るのと出来ないのとではゼロと100の違いという事になるわけですから、採用する側は当然出来る人を採用するという事になっていきます。

これからグローバル化が加速度的に進むと考えられますから、これからはアルバイトも英語が出来て当然というような事も考えられるという事です。

フィリピンという国があるのですが、ここは日本と同じように英語が第2外国語という事になっていて、学校で英語を習って習得をするのですが、日常的にも英語を使用していて、母国語であるタガログ語と同等に使う事が出来るという事が当たり前のようになっているという事があります。

そのため、今では講師としてフィリピン人が活躍するというような事も出来るようになっているわけで、将来的には日本もこういうレベルを目指すという事が当たり前のようになる可能性もある。何しろ日本は観光立国を目指すという事を宣言しているわけですから、当然海外の人と会話するというのが当たり前の国になろうとしているわけです。

そのような国で海外の言葉は話すことが出来ませんなどといっているようでは、使えないというよりは、役に立たないというような事になってしまいます。これから観光立国として世界で活躍をするというのであれば、英会話などは当たり前に出来るというのが当然というぐらいでなければならないという事になる事も考えられます。

学生でも気軽に働くことができるアルバイトですが、近年ではアルバイトでも英語が必要になってくるといわれています。

近年では飲食業界は特に、インバウンド対策や海外展開など、英語が使える人が求められています。一昔前に比べると飲食店には多くの外国人観光客が来店するようになりました。外国人の客が毎日来店する飲食店は全体の30パーセント近くにもなり、週に一度は来店する飲食店も30パーセント弱という結果が出ていて、半数以上の飲食店は頻繁に外国人客を受け入れていることになります。

外国人客を受け入れるために行っている対策として外国語のメニューを用意していたり、外国語を話せる従業員を雇用していることなどがあげられます。様々な店でインバウンド対策が進められていることがわかります。

インバウンド対策には様々な方法がありますが、その中でも大切なのが語学と言えるでしょう。中国語や韓国語などを使いこなすのはなかなか難しいことですが、多くの外国人が使う英語くらいは話せるようにしておきたいものです。接客に使用する英会話はそれほど複雑ではないため、学んでおいて損はありません。

実際に外国語を話すことができるスタッフは、アルバイトであっても非常に重宝されています。特に多国籍の人が多く集まる街では、夜遅くでも営業しているスポーツバーなどには他国の出身者が集まり熱いトークを繰り広げる姿も見られます。

サッカーなど国際試合がある日には日本人もたくさん訪れますが、多国籍の人が多く集まる街では当たり前のように英語やスペイン語などの会話がなされています。そのためスタッフには日常会話レベルの英会話力が求められるのはもちろんのこと、それ以外の言語に慣れているスタッフはより重宝されます。また世界各地から旅行客が訪れるホテルのラウンジやレストランのホールスタッフも英会話が必須になっていると言えるでしょう。料理の知識も必要ですが、英語でコミュニケーションがとれれば、宿泊客にも日本の良さを伝えることができます。そのほかにも様々な分野で英語力の需要は年々高まっていることから、アルバイトにも英語が必要になる時代がやってくることでしょう。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む