オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

オリンピックのボランティアやる?やらない?

オリンピックのボランティアやる?やらない?

オリンピックのボランティアをするしないは自由ですが、これが外国人と話すいい機会となるという事は言えるのかもしれません。英語を身に着けたいという人からすると良いチャンスという事になるかもしれない。英会話が既に出来るという人は自分の技術を試すいい機会ということになりますし、英会話が出来ないという人も外国人に慣れる良い機会になると考えても良いかもしれません。

話をしてみるとすぐに分かる事ですが、英会話は技術ではなく量だという事もすぐに分かるようになるでしょう。横でガイドをする人を見ていればすぐに自分も出来るという事が分かってくるはず。そうすれば別にそんなに大した会話力では無くても問題なく会話をすることが出来るという事が分かって来ます。特にオリンピックの時は目的が絞られているという事がありますから、外国人から聞かれることはほとんどが想定内という事になっています。トイレは何処とか、会場は何処というだけの質問に答えるだけという事になりますから、これが特に会話力の問題では無いという事も分かってくるでしょう。ある意味では定型文のやり取りだけで切れば、それで案内のような事は出来てしまうという事になります。別に大したことをするわけでは無いのですから、このような機会に外国人と触れあうという事を考えて見ても良いのかもしれません。ただ、ボランティアが無償というのは問題なので、これは有償に変更してもらうという事を提案しても良いでしょう。何しろ運営委員会や協賛企業は莫大な利益を上げることになるわけですから、これにボランティアが悪用されているというように考えるしかありません。何しろオリンピックボランティアは10日間も引き留められるわけですから、その間の給金ぐらいは出すのが商業イベントでは当然という事になるはずです。既にオリンピックは商業イベントなのですから、無償という考えは通用しないという事を考えるべきでしょう。

2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本では東京オリンピックが開催されます。このオリンピック競技大会は第32回目になり、日本にとってとても大きなイベントです。

オリンピックというのだから、各国から様々な競技の代表者達が出場します。その方々と関わる上で、最も重要なコミュニケーション方法は英語です。英語は世界中で話されており、今大会を運営するにおいてとても重要な役割を担っているといえます。

日本で英語を学ぶ方法と言えば、英会話スクールに通ったりオンラインで英語を学んだりする方法です。この方法は、時間やお金をかけないとその手段を得ることはできません。留学に行くためにも様々な手続きや長い留学期間を要します。しかし、日本でオリンピックが開催されるということは外国人の方々が日本に来て、競技を行い、数日間滞在されるということです。これは実際に今まで学んだ英語力を実践するチャンスです。英語は生きた言葉を聞いて会話を行うということが上達には最適であると言われています。つまり、実践を重ねることがとても重要であるのです。この貴重な機会に英語を使って学んで、自身の糧にする良い方法があります。それは、東京オリンピックのボランティアメンバーとして参加する事です。ボランティアとして参加すれば、実際に英語を使って会話する機会が得られ、外国人の人々と会話をする楽しさを身を持って体感する事が出来ます。2020年に日本でオリンピックが行われますが、次はいつ開催されることになるのかわかりません。これは日本に住んでいる人間にとって、大きなチャンスなのです。

日本に住んでいる場合、自分でチャンスをつかまないと外国人に出会えません。しかし、その機会がすぐ近くにあるのです。外国語を主の言語として話す人達との触れ合いは、今だけでなく今後の人生にとっても大きな意味を持ちます。そのため、オリンピックのボランティアに参加することは自身の成長にとって、とても大切だといえます。

オリンピックのボランティアは英語を習得したり英会話を習得したりするよい機会になるという事はあるかもしれません。ただ、配属によってはそのような事が無い可能性もありますが、基本的には外国人を案内するという事がより多くの人がする仕事という事になる事は間違いないところです。必然的に外国人と触れ合う事になるでしょうから、これは外国人に慣れるという意味でもいいチャンスという事になるかもしれません。これからのグローバルな社会を考えるとこのチャンスを活かすという事を考えても良いかもしれません。

ただ、このボランティアは無償となっている上に、10日間も拘束されるという事は考えておく必要があります。更には研修なども受けなければなりませんから、かなりのブラックだと考えても良いでしょう。宿泊費については出るようですが、当然のことながらかなりの高額の宿泊となるでしょうから、どこまで上限が出るのかという事もまだよくわかりません。ホテル代が上限で収まるのかどうかは極めて怪しいという事を言わざるを得ないという事になるのかもしれません。

オリンピックのボランティアがする事は極めて定型的で施設の案内をするぐらいの事ですから、別に英語が堪能でなくても特に問題はないはずです。オリンピック選手は何処に行くのかという目的は極めて明確ですから、まずそのような事で困るという事は無いという事です。観客の誘導についても同様で、特にトラブルなどが起きない限り簡単な案内でほとんどはボディランゲージで出来るといっても良いでしょう。ですから実際はそれで英会話の役に立つのかという程度の事になると考えた方が良いかもしれません。英会話教室であれば、毎日違ったシチュエーションで常に頭をフル回転させながら経験を積むという事をするのでしょうが、オリンピックボランティアではそのような事はまずないと考えた方が良いはずです。そのようなトラブルが出来るだけ少なくなるようにするのが仕事ですから、トラブルが多いという時点で問題ということになります。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む