オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

オンライン英会話で陥りやすいネイティブ信仰の落とし穴

オンライン英会話で陥りやすいネイティブ信仰の落とし穴

オンライン英会話で陥りやすいのがネイティブ信仰ということになるのかもしれません。ネイティブは素晴らしいというか、ネイティブで、なければならないというように考えてしまう事で、逆に英会話の壁を大きなものとしているというような事も考えられるという事です。

ネイティブというと標準語を話しているかのように感じるかもしれませんが、別にそのような事はありません。日本を考えて見ても実に様々な日本語があるという事がわかるはずです。日本人でも北海道と沖縄の人とではもう全く違うような言葉になるところもあるので、日本人だから全ての日本人が綺麗な標準的日本語を話しているというわけでは無いという事がわかるはずです。

狭い日本でもそのような事になっているわけですから、これが世界で最も話す人が多いという英語ということになれば、どれだけネイティブに差があるのかという事も想像が付くという事が言えるでしょう。発音が違うのは当然として、文法から何から元の形をとどめないというような事がいくらでもあるという事を考えおくべきでしょう。

あらゆる国の英語が全て違うというように考えても問題はありません。ですから、ネイティブ以外の英語は英語ではないというような事を考えても意味は無いわけで、既にその方が圧倒的に多数という事も言えないわけでは無いという事です。ただ、標準的な英語というのは存在しているわけで、それをきけばネイティブの人もある程度理解をすることは出来るという事で、ネイティブに意味が無いという事ではありません。ただ、信仰的にあまりにもそれが全てで正しいというような事を考えるようになると、全く違うものと出会った時に衝撃を受けるというよりは、その正しいものが通用しない事で愕然とするという事にもなってしまいます。別に語学において、これが正しいというようなモノがあるわけでは無く、多くの人が使っているのはこうしたルールや発音の言葉を使用しているのだというように考える必要があります。

オンライン英会話を受けてみようと思っているときにありがちなのが、ネイティブでなければ役に立たないと思ってしまうことです。

確かにネイティブのほうが発音も良いですし、普段から使っている言語だけにより実践的な英会話が学べるように思えるものです。

しかし、必ずしもネイティブがいいのかというと決してそのようなことはなく、一言で英語と言ってもあらゆる国の英語があり、米国と英国でも大きな違いがあります。

日本でも地方によって方言があるように、英語を使っている国であっても地域差がありますから、これが正しいという英語は存在しないのです。

様々な話者がいるだけにネイティブだからそれが正しいのかというとそうではなく、ネイティブ以外の英語を話す人のほうが発音が良かったなんてこともあり得るのです。

ネイティブ以外の英語を話す人は、基礎からしっかりと勉強をしていることもあって、発音にしてもスタンダードなものから覚えていきますから、結果として訛りのあるネイティブよりも聞き取りやすい英語になっているということもあります。

また、発音面以外にもネイティブ以外の英語話者から勉強をする利点というのがあり、そのような人たちは元々英語ができない中から勉強をして、英会話ができるようになったわけですから英語のできない人の気持ちやポイントというのがわかっています。

それだけに同じネイティブでないからこそ相手のわからないところを理解できるという強みもあるので、必ずしも日常的に英語で話している講師が一番というわけではありません。

ネイティブに指導をしてもらう利点というのはたくさんありますから、その人の英語力によっては日常的に英語を使っている人から教えてもらうというのは決して悪いものではありませんが、だからといってネイティブ以外の英語が駄目なのかというとそうでもありませんから、オンライン英会話を考えているときにはネイティブ信仰に陥らないようにしましょう。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む