オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

ビジネスで使われる英語の略語

ビジネスで使われる英語の略語

業務の中で日本語以外の言語が出現する機会が増えていると感じているビジネスマンは多いのではないでしょうか。グローバル社会と言われている現代において、簡単な英語は読解が必要になるケースも多いと言えましょう。英語は話をすることができなくても、メールでのやり取りができれば良いと言う企業も多いため、日本語しか話せない人でもそれほどハードルは高いものではありません。特に、メールの内容をコピーして、それをネットの中にある翻訳サイトでペースを行えば、瞬時に日本語に翻訳が行われた文章を見ることができる便利な時代ですから、英語への苦手意識を感じることなくビジネスの中での英語もそれほどハードルが高いものではないのです。

日本語の中には、色々な専門用語があるかと思われますが、こうした専門用語は略語で記されてるケースは多いのではないでしょうか。略語の中には一般的に通じるものもあれば、業種独特なものもありますし、その企業内だけで利用しているものもあるなど様々です。同じ略語でも分野が異なればまったく違った意味になる略語もあるので、自分が携わっている業界の中で利用している略語の意味は把握しておくようにしましょう。

尚、略語の意味を把握しておかないと、日本語を英語に翻訳した際に意味合いが通じない文章になってしまうこともあります。これは企業が利用しているユニークなものであり、英語に直す時にはユニークなものをそのまま利用するためのノウハウも必要になります。ビジネスの中で利用する略語の一つにPTOがありますが、これは有給休暇を意味するもので、専門用語とは異なって、どのような業種でも同じような意味合いで利用するものです。他にも、APは売掛金勘定を示すもの、B2Bha企業体従業員間取引、B2Bは企業間取引などのように、一般的にビジネスの中で利用するものもあります。CEOは最高経営責任者などのように、一般的な知識が必要な略語もあるので覚えておくと良いでしょう。

日本語と同じく英語にも当然略語があり、主に日常会話で使われるものもあればビジネスシーンで使うようなものも少なくありません。対面して直接人と話すときではなく、メールで気心が知れている取引先の相手とやりとりをするときなどは、ビジネス関係者でも英語で略語を使うことがあるものと認識しておいて構わないでしょう。

例えばAsk Me Anythingの略語であるAMAや、Away From Keyboradを短くしたAFKはビジネス関係のやりとりでも便利なのでよく使われます。日本語よりも英語のほうがこれから何をするのか、相手に何を伝えたいのかが文字にすると長文になってしまうことが多いので、メールの簡略化や相手に本文を短時間で読んでもらう目的などでビジネスでも上手に用いられているのです。

ただし日常会話でよく使われる略語と違い、ビジネスシーンに適した英語の略語はインターネットで調べてもあまり出てこないため本格的に覚えたいなら英会話教室などで専門家から学ぶのが一番手っ取り早いと言えるでしょう。

僕も以前勤めていたスポーツイベント関係の会社でよくビジネスでも使用できる英語での略語を使っていました。スタッフの半数が外国人という会社だったので、日本語や英語、スペイン語などが飛び交っていたので短く伝えたいことを伝える言葉や文章がかなり重要だったからです。口頭では伝わりにくいですがAMAやAFKは文面ならほぼ確実に伝わります。取引先とのメールは堅実な文章にしたほうがいいでしょうが、社内メール程度ならビジネス略語はどんどん使っていったほうがいいと経験した上で言えます。やっぱり便利ですし仲間内なら無駄に畏まらないほうがフランクな仕事に繋がるからです。

逆にビジネスではなく日常会話で使われる略語の中には下品なものや失礼なものもありますので、しっかりと意味を把握した上で使ったほうがいいと言えます。相手に不快感を与えないためにも重要だからです。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む