オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

ビジネス英語はオンライン英会話で学ぶ! メリットと選び方を解説

    ビジネス英語はオンライン英会話で学ぶ! メリットと選び方を解説

    近年、急速なグローバル化により、あらゆる分野で英語力が重要視されるようになりました。ビジネスシーンにおいても、英語力はキャリアの選択肢を大きく広げるスキルです。そのため、働き始めてから英語を身に着けたいと考える方も少なくないでしょう。

    しかし、学校で習うような日常英会話とビジネス英語とでは勉強の仕方が異なります。また、社会人として忙しく働く中で、英語の勉強を行うのは簡単ではありません。
    そこでぜひおすすめしたいのが、オンライン英会話です。オンライン英会話を活用することで、限られた時間を有効に利用し、効率よくビジネス英語を身に着けることができます。

    この記事では、ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶメリットや、サービスの選び方について説明します。




    ビジネスシーンで求められる英会話スキル


    まずは、ビジネスのシーンで必要とされる英会話のスキルとはどのようなものか、確認していきましょう。



    専門用語に対する理解


    ビジネスシーンでは、日常会話では耳にすることの無い、その分野特有の専門用語が用いられます。これを押さえていないと、たとえ英文法を完璧に理解していたとしても、十分なコミュニケーションをとることはできません。
    日本では英語の技能検定としてTOEICが有名ですが、大学受験の英語と出題される単語に違いがあるのは、TOEICはビジネスに特化したテストであるためです。
    ビジネスで用いられる専門用語はビジネスのジャンルによっても大きく異なるため、自分が働く業界の専門用語は、しっかりと押さえておきましょう。



    リスニング力・スピーキング力


    日本の学校における英語教育では、リーディング・ライティング力が重視されますが、ビジネスシーンにおいてはそれに加え、リスニングとスピーキング力の重要性が大きくなります。

    ビジネス英会話においてはその場で聞き取り、自分の考えを英語で相手に伝える能力が必要です。
    英語の文書に関しては調べながら読んだり書いたりすることができますが、相手との直接的なコミュニケーションであるリスニング・スピーキングでは、自分の力で即時に英語を使う判断力と応用力が試されます。

    そのため学生時代に英語の成績が良かった人でも、英会話を苦手とする人は多くいます。
    ですが、これは実践的な練習を重ねること、また英語を話すことへの心的な抵抗を無くすことで身に着けることができます。

    また、英語は共通言語として使われ、相手もネイティブスピーカーでないケースも多々あります。
    日本人がカタカナ英語になりやすいように、それぞれの母語による独特のクセがある英語になりがちなので、日本人が英語教材で聞きなれている英語のようには理解できないことがあります。

    このような場合にも対応できるよう、さまざまな国の方が話す英語に慣れておく経験値と、対応できる柔軟性も必要でしょう。



    ビジネスマナーに則った英語表現


    先ほどの専門用語と同様、ビジネスシーンで実用的な表現を理解する必要があります。
    英語の学習法として自分が好きな映画やドラマ、歌詞で使われている表現を真似するというのがポピュラーですが、ビジネス英語をマスターするのが目的なら、この学習方法には注意が必要です。
    映画やドラマのセリフには略語やスラングが含まれており、ビジネスシーンにおいては不適切な場合があるためです。

    英語においても、ビジネスシーンで上司や取引先に対して使う敬語的な表現があります。
    仕事の内容以前に、会話マナーレベルで相手の気を悪くしてしまってはもったいないですよね。
    ビジネスシーンにふさわしいマナーが伝わる英語表現を使うことではじめて、上司や取引先とも良好な関係を築くことができます。


    ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶメリット


    続いて、ビジネス英語を学ぶにあたって、オンライン英会話を利用するメリットをご紹介します。



    好きな時間に受講できるので継続しやすい


    英会話教室では、曜日や時間が決められているのに対し、オンラインなら好きな時間に利用することができます。
    そのため、仕事や家事の間に勉強できるので、忙しい方も続けやすいというのが最大のメリットです。
    特に24時間365日利用可能なオンライン英会話サービスなら、出勤前の早朝の時間を活かしたり、平日の深夜に受講したりもできます。



    教室に通う時間がかからず効率的


    ご自宅や職場から英会話スクールに通うとなると、移動に無駄な時間がかかってしまいます。
    その点オンライン英会話であれば、全ての時間を学習に費やすことができるので、効率よくビジネス英語を学ぶことができます。
    往復にかかる時間を節約して、英語学習に充てることができればより効率よく英語力を上げることができるでしょう。
    また、仕事で出張が多い方の場合、出張先のホテルなどからレッスンを受けられるというメリットもあります。


    ビジネス英語を身に着けるためのオンライン英会話の選び方


    オンライン英会話サービスは非常に数多く存在するため、内容を比較してもいったいどれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いかと思います。
    そこで「ビジネス英語を身に着ける」という目的に焦点を絞った、オンライン英会話の選び方をご紹介します。



    講師の質


    オンライン英会話サービスでは、独自の厳しい基準で講師を採用しています、とうたっていることが多いですが、客観的に質が保証される資格を講師が持っているかどうか必ずチェックしましょう。

    海外では、英語ネイティブの人以外に英語を教える資格として広く知られているのがTESOL(テソル:国際英語教授法)の資格です。
    この資格を持つ講師は、しっかりとした英語教育課程を履修した講師です。

    先ほども述べた通り、日常英会話とビジネス英会話とでは性質が異なるので、ビジネス場面にも通用するきちんとした英語を効率的に学ぶのなら、英語を教える資格を保有するプロの講師がいる英会話サービスがおすすめです。

    また、ネイティブの講師を希望する人が多いのですが、あなたがビジネスで英語を使う必要がある場合、必ずしもネイティブに習うことがベストとは限りません。
    なぜならビジネスシーンでは英語ネイティブではないさまざまな国の方と、共通語としての英語でやりとりすることが多いからです。

    また、ネイティブとは言ってもイギリスとアメリカでも発音や言い回しがかなり異なります。
    ネイティブの人が話す英語=正しい英語という思う込みは捨てましょう。
    さまざまな国の人が話す英語を聞き慣れて、対応できるようにしておくことが大事なのです。



    ビジネス向けの教材があるかどうか


    ビジネス向けの教材が充実した英会話サービスの場合、業種や職種ごとに教材を用意しているところもあります。
    そのため、実際の仕事の現場で使う英語がダイレクトに学びやすかったり、また、自分の得意な専門分野であるため英語を学ぶモチベーションも上がったりというメリットがあります。



    講師の数


    講師の数は、英会話レッスン予約の取りやすさに直結します。
    講師の数が少ないオンライン英会話サービスの場合、レッスンの枠がすぐに埋まってしまい、ビジネスパーソンの受講が集中する平日の夜8時や9時等の人気の時間には予約を入れられないことが多くあるようです。

    なるべく多くの講師が在籍する英会話サービスを選ぶことをおすすめします。ただ多ければいいということではありません。
    先ほど述べたように、講師がたくさんいてレッスンが取りやすいからと言って、講師の質に妥協しては本末転倒です。



    サポート体制


    オンライン英会話サービスは、街の英会話教室でのレッスン受講に比べて、サービスごとにサポート体制の差が大きい傾向があります。
    ですが、ビジネス英語を学ぶのであれば、なるべくサポート体制の充実した英会話サービスがおすすめです。

    ビジネスパーソンが学習に使える時間は限られているため、ビジネス英語を身に着けるためには、学習効率を追求することは非常に重要です。
    そのため、レッスンを受けるだけのサービスではなく、学習カリキュラムをアドバイスしてくれたり、レッスンの進捗について責任をもって指導してくれたりするようなサービスが、ついつい挫折してしまいがちな英語学習においては非常におすすめです。



    価格の安さで選ぶのは要注意


    英会話教室と比較して料金が安いから、という理由でオンライン英会話を選ぶ方も少なくありません。
    ですが、安さにだけひかれて受講すると、結果的に目指す効果を得るのが遅くなることもあるので注意が必要です。
    低価格のオンライン英会話の場合、講師が足りずにレッスン予約が取りにくい、適切な教材が用意されていない、通信不良の時にサポートを受けられないといったサービス面での不備がないか必ずチェックしておき、納得したうえで入会するようにしましょう。


    まとめ


    インバウンドが増え続け、2020年東京オリンピック開催の影響で、英語を話せる人材の需要がますます高まっています。
    ビジネスで使う英語は、多くの人が就職してから学び始めることが多く、オンライン英会話でもビジネス英語初心者の会員が増えています。
    英語はあなたの働き方の可能性を広げるツールです。
    年齢や環境を言い訳にせず、今度こそ本気で英会話にトライしてみませんか?

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む