オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

英会話の勉強、いったいいつまで?上達の目標を決めよう

英会話の勉強、いったいいつまで?上達の目標を決めよう

英会話の勉強をする時には上達の目標を決めるということが大切です。英会話は極めてこれが曖昧になるという事が多いので、日本人は英語の習得がいつまでも出来ないという事になっているという事になってしまっているとも考えられます。何しろゴールが無いわけですから、いくらでもサボる事が出来るわけで、目標には期限をつけて明確にするという事をしなければ意味はありません。

その目標については人それぞれですから、どんな目標でもいいですし、期限もいつにしても良いのですが、出来るだけ起源は近いほど現実感を持って考える事が出来るという事がありますから、その事は考えておくべきでしょう。1年後に映画が字幕なしで見られるようにするというのでもいいですし、具体的にTOEICで600点を目指すという様しても良いでしょう。目的は人によっていろいろでしょうから、どんな期限でも良いのですが、より具体性があるモノ程意味を持つことになるという事も知っておく必要があります。上記の例で言うとTOEICの600点というのは極めて現実的なモノとなるので、目指しやすいし分かり易いということがはずです。そして、今の自分の点数と比較してどれぐらいの差があるのかという事も理解できるということになります。今が500点であれば後100点を1年以内に何とかするという事になるわけで、自分がどれぐらいしなければならないのかという事もイメージしやすいという事になります。このイメージのしやすさが目標到達の実現度に深く関わる事になるので、出来るだけハッキリとしたイメージを持つことが出来る目標にするというのが良いはず。そして、それにはいつまでにという期限を設ける事も大切で、1年後というのであれば、これは具体的で自分にとって励みにもなりますが、これが10年後ということになればやる気も無くなってしまうというのは理解できるのではないでしょうか。人は現実味というものを冷静に受け取るところがあるのです。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む