オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

英会話教室、こんな先生だと上達しないかも・・・

英会話教室、こんな先生だと上達しないかも・・・

日本人は、外国語を習うことに熱心になってきていますが、英会話を上達させるために英会話教室に通う人も少なくありません。英会話教室に通えば英語が上手になるに違いないと考えている日本人がいたとしたら、必ずしもそうではないと言っておきましょう。なぜそうではないかといえば、いくつかの理由があります。まずは、英会話教室にいる英語講師が必ずしも優秀な講師とは限らないからです。もちろん、日本の学習塾などでもすべての講師が優秀なわけではありませんので優秀かどうかで判断するべきではないかもしれません。しかしながら、標準レベルにすら達していない先生もいますのでその点を見極める必要があるでしょう。

そもそもなぜ標準レベルに達していないかといえば、日本の先生のようにテストがあるわけではないからです。もちろん採用テストぐらいはあるかもしれませんが、教えることに対しての本格的な試験が課せられているわけではありません。また、研修をするといっても1日か二日程度で終わってしまいあとはその先生のやり方に合わせてやっていくことになります。つまり、あまり質が高くない先生はいつまでたっても質が高くない状態になるでしょう。なぜ上達しないかといえば、上達するように努力をしなくてもお金がもらえてしまうからです。

単なるネイティブではなくしっかりとしたTESOLなどの資格を取得しておくことが重要です。少なくとも、TESOLを取得していることを採用基準にしている英会話教室ならば、はずれがない可能性が高いです。

上達しない先生の特徴としては、モチベーションの低い先生になります。外国人でよくありがちなのは、とにかくお金がもらえればいいと考えて教えている先生になります。中には、早く時間がすぎて家に帰ることばかり考えている人もいます。もちろん早く帰りたいといった考え方を持つのは悪いことではありませんが、それが授業の内容に出てしまっているとすれば最悪です。日本人の感覚からすれば、まじめに労働するのが当り前ですが世界中の国々の人々が同じように日本人の感覚を持っているとは限りません。仮に日本に住んでいたとしても、やはりその感覚が身に付くとは限らないでしょう。

次に気をつけるべき点は、生徒のレベルがわかっていない先生になります。どの生徒に対しても、同じレベルで教えようとするため理解してくれる生徒もいますが理解してくれない生徒が多い可能性が高いです。特に、なったばかりの先生や2年目ぐらいまでの先生ならばそのような傾向が見られがちになります。なぜなら、教えることに必死になっているからです。授業でやらなければいけないことで頭がいっぱいになってしまいレベルの感覚をつかむことができません。もし、3年以上経過している先生でいまだに生徒のレベルに合わせた話方ができないとすればあまりまじめな人とはいえないため上達は見込めないでしょう。

最後は、とにかくテキストだけを呼んでいる先生になります。そこが英会話教室と言うことを忘れている典型的な例です。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む