オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

Topics

「受験英語ではない<相手と向き合う英語>を自分の武器にしたかった」The Japan Times Alpha高橋編集長インタビュー(1/4)

英語で夢を叶える

2018.06.15

英語学習者にはおなじみのバイリンガル新聞「The Japan Times Alpha」。
その11代編集長を務めるのは、2012年に若くして大抜擢された高橋敏之さん。

帰国子女でもなく海外留学経験は1年弱。
史学科だった高橋さんが、活きた英語力を身につけるまで――――

 

「The Japan Times Alpha」第11代編集長 高橋敏之さん


2000年慶應義塾大学文学部史学科卒。
大学入試予備校の英語講師を3年間務めた後、「英語を本当に自分の武器にするため」オーストラリアへ語学留学。その後、日本英語教育協会(現 日本英語検定協会)での英語教材制作を担当した後、2007年ジャパンタイムズ社へ。


 

takahashisama1

 

英語はもともと好きで、高校までずっと得意教科でした。でも通っていた高校は特に英語に熱心な学校でもなく、年配の先生がDを「デー」と発音するような英語の授業でしたね(笑)

その後、慶應義塾大学文学部に進み、2年になる際史学系を選びました。思えばここで英米文学を専攻しても良かったのですが、当時の自分としては英米文学は帰国子女レベルの方たちが行くところだと思いこんでしまっていたんです。

 

時代は「超超氷河期」
英語を武器にするしかない。

その後不況が進み、私が就職活動をする頃には「氷河期」どころではない「就職超超氷河期」と言われるようになっていました。そんな状況の中で、私の専攻はマニアックな民俗学、さらに卒論は「夜這い」の風習研究(笑)これではとうてい就職に有利なアピールはできないと危機感を持ち、ここはひとつ本気で英語を学習してみようと思ったんです。ちょうど、就職でTOEICの点数が高いと有利になると言われ始めた頃でした。

 

受験英語に違和感を持ち続けた
予備校講師時代。

 

大学卒業後は、大学入試予備校で英語講師になりました。
教えることは好きでしたが、受験英語というものには違和感を持ち続けていましたね。今は状況が少し変わってきていると思いますが、受験英語というのは主に「いかに英語を使えるか」よりも、「いかに分かりにくいところを分かっているか」をテストするものでしたので、そこに疑問を感じていたんです。

 

アメリカンレスラーの
「口げんか」バトルのとりこに。

 

そんな時、予備校の同僚にアメリカンプロレスというものを教えてもらいました。私が本当に英語を好きになったきっかけは、このアメリカンプロレスです。
日本のプロレスを見ている方には信じられないかもしれませんが、アメリカンプロレスというのは、じつはあまり試合をやらないんです。試合よりも、なぜこのレスラーたちが闘うに至ったかという人間ドラマが数週間に渡って放映され、そちらの方も試合と同じくらい盛り上がっているほどです。
2時間の放送枠の中でも、実際に闘っている時間はわずかで、ほとんどはレスラー同士の口げんかの応酬なんですが、口げんかと言っても一流のプロレスラーともなれば観衆を沸かせ、場を盛り上げるための話術がすごいんですよ。そのレスラーの口上を自分で言ってみたくて暗唱していました。

こういったアメリカンプロレスネタは予備校でも、実際に使われている生の英語表現として生徒に披露していましたね(笑)

そうやって予備校で教えつつも、もちろん英語の勉強は続け、3年間英会話教室にも通っていました。でも「自分の武器は英語」とはっきり言えるようになるにはやはり留学が必要と考え、2003年にオーストラリアに行ったんです。語学留学でしたので、特に選考試験はなく、ビザを取り1年弱滞在しました。

当時のオーストラリアは物価が結構安かったのと、私、動物検定3級を持っているくらいの動物好きですから(笑)コアラとかカンガルー、カモノハシを生で見てみたいと思ってオーストラリア(パース)に決めたんです。後に、パースのある西海岸にはコアラが生息していないことが分かりましたが…。

 
>>次ページ「日本語が聞こえると耳をふさいだ」オーストラリア留学時代 (2/4)
 

 

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む