オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

Topics

「さらにエスカレート。妄想イメージ英語」The Japan Times Alpha 高橋編集長インタビュー(4/4)

英語で夢を叶える

2018.06.15

「ねえ、ちょっと通訳してくれる?」
って言われたら。

 

こういう妄想がすぐには難しい人なら(笑)、「ちょっと通訳してくれる?」って頼まれた場面を想定して話すのもいいですよ。
例えば海外の空港で「ねえ、君は英語が少し話せるらしいね。カバンを無くして困ってる日本人がいるんだけど、こっちに来て通訳してくれない?」と頼まれたとする。そこで、その人のところに駆けつける。「カバンに何が入ってたんですか? どこに置いてたんですか?」とか聞いてそれを通訳してあげるところを想像して英語で話すんですよ。

 

Yahoo知恵袋の英語版は話題の宝庫。
「16歳で61歳の彼氏ができました」

 

あと一つ妄想で話すワザがあります。
Yahoo知恵袋の英語版(Yahoo! Answers)を見て、自分だったらどうアドバイスするかを考えるんです。身近な話題を扱う<Family& Relationships>のようなカテゴリーを見てください。すると「私は16歳なんですが61歳の彼氏ができました。どう思いますか?」のような、一言アドバイスせずにはいられないような質問の宝庫ですから、そこで英語でアドバイスを言ってみると勉強になりますよ。

これでもまだ妄想ができない(笑)という方は、今日1日にあった出来事を英語で話してみてください。

 

◆オンライン英会話を活用するとしたら?

 

これはもう「ぶつかり稽古」ですよ。
日頃我々が学習している英語は、最終的には対人コミュニケーションのためのものです。その実戦に至るまでに、相撲で言うと四股(しこ)を踏んで基礎を固め、練習相手とのぶつかり稽古を経て、本番の取り組みに臨めるようになるんですよ。この対人での「ぶつかり稽古」ができるのがオンライン英会話ですね。
以前なら、 外国人の友だちを作って練習させてもらったりと「ぶつかり稽古」の相手探しが大変でしたが、今はその点便利になりましたね。

 

◆英語力を身に付けることでどう変わると思いますか?

 

英語というのは「自分の武器です」と言いやすく、習得しやすいものの一つだと思います。語学っていうのはセンスはほとんど必要ないんです。母国語が話せている以上、コミュニケーションが取れるレベルになる素養は全員が持っているはずです。

グローバル化を目指そうだとか、あちこちで多用されている「グローバル」という言葉ですが、つまりは「どの国の人とも仲良くなれる」ということだと思います。それには英語など共通の言語で話し、同じジョークで笑うというような人間どうしの交流があってこそですよね。
「これからはAIが自動翻訳してくれるんでしょ」ってよく言われますが、もしAIにジョークの翻訳までできるようになったとしても、ちょっと遅れて機械の翻訳で笑う人より、リアルタイムで一緒に笑い合える人たちの方が仲良くなれるでしょう。
英語力があれば世界はより広がっていくでしょうし、人生が豊かになることは間違いないと思います。

今度の新紙名「The Japan Times Alpha」の「Alpha」には、「最も明るく輝く星」という意味もあります。私たちは英語力を身につけた読者の方の人生が、明るく照らされていくことを願っています。
takahashisama5

 

プロフィール

高橋敏之(たかはし としゆき)

週刊英字新聞「The Japan Times Alpha(アルファ)」第11代目編集長。
慶應義塾大学文学部史学科卒。大手予備校英語講師、日本英語教育協会(現在 日本英語検定協会と合併)を経て、2006年ジャパンタイムズ社へ。2012年より現職。

2018年7月、「The Japan Times ST」から「The Japan Times Alpha」へリニューアル。持ち歩いていてもよりスタイリッシュに見えるデザインに一新。
本紙を多くの人に知ってもらうため、最新記事の注目単語を解説する人気YouTube動画「ボキャビル・カレッジ」を、編集長自らが企画・出演・編集し毎週公開している。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む