オンラインチャット チャットで相談する オンラインチャット チャットで相談する

お客様の声

国際線キャビンアテンダントから、高校の英語教師へ

classroom
ご職業

教師

年齢

60代

お住まい

福岡県

目的

人間関係

教育・育成

科学・テクノロジー

子育てが落ち着き、高校英語教師になって10年。

 

54歳の時に、出産前に勤務していた高校から「産休の先生の代わりに1年だけ英語の先生をお願いできませんか」と頼まれ、もう10年になります。

 

英語4技能を問われる大学入試で、高校の授業も変化。

 

大学受験で英語4技能(聞く、話す、読む、書く)が問われるようになり、その対策としてAll Englishの授業をしようかという話も出ています。まだ実施はしていませんが、vipabcのオンライン英会話を続けて受けることで、授業中、立て続けに英語を話すシーンでも、ポンポンと言葉が出るようになりました。
また、勤務している学校では英検取得を推奨していますので、英検2次試験(面接)の対策として私が面接官役になり英語を話すこともあります。

 

電話もかかってこない夜。自分だけの時間に英会話レッスン。

 

vipabcのオンライン英会話レッスンは、月に13回のペースで受けています。
朝7時に家を出て高校で教え、夕方6時に帰る。その後、家事を済ませ一人になって机の前に座れるのが夜の9時半。そこから教材を予習して10時半開始のレッスンを受け、11時15分に終了しています。
夜は周りも静かですし電話もかかってこない時間帯なので、私一人の時間として集中できるんです。

 

studying

 

英文科からキャビンアテンダント。結婚して福岡の小さな町へ。

 

もともと、同志社女子大の英文科を卒業したあと、3年間日本航空の国際線キャビンアテンダントをしていました。
その当時の就職試験では、たしか英語の筆記試験、体力テスト、日本語と英語の面接がありました。まだ女性が力を発揮できる職場が少なかったからか、試験会場では同い年くらいの女性たちが列をなしていたのを覚えています。
入社後、最初の3か月は地上業務、もう3か月で毎日6時間ほどの研修を受け、その中にはもちろん英会話実習のクラスもありました。

 

結婚して子どもが3人できても、英語の勉強からは離れたくなかった。

 

3年間キャビンアテンダントとして働いたあと、結婚して福岡県の小さな町に移りました。
その時、今働いている高校で少しだけ英語教師をしましたが、子どもができて辞めることになったんです。

 

でも、英語からは、どうしても離れたくありませんでした。
3人の子どもの子育てで自分の時間はほとんど無かったのですが、ラジオ英会話を聴いたり、英語を習いに行ったりして、少しでも英語にふれ続けました。
そして50歳を過ぎてようやく時間ができた頃、今の高校から英語教師のお話をいただき「よし、またやってみよう」と飛び込んだのです。

 

「“whisper”は、本当にささやいている音がするでしょう?」

 

子育て中、忙しくても英語の勉強を続けてきたのは、やはり英語が好きだったからです。
好きになったきっかけは、今でも覚えているのですが高校の時の英語の先生のお話です。
classroom

「英語は音なんだよ」とおっしゃり、
「“whisper”という単語は、本当にささやいている音がするでしょう? 英語は音からできているんだよ」
と教えてくださいました。
その時にすごく素敵だなあと思った気持ちが、ずっと続いているんです。
もともとピアノを習っていて音に関心があったからか、その“whisper”の話がとても心に残りました。

 

vipabcの先生達は、生徒に教えるための教育を受けていることが分かる。

 

同じ教師という立場から見て、vipabcの先生はこちらをリラックスさせてくれるのが上手ですね。恥ずかしくてしゃべれないということは最初から無かったです。間違っても丁寧に直してくださるので、気おくれせずに話せます。
そして先生が本当に自分の能力を引き出そう、伸ばそう、としてくれている熱意を毎回感じます。生徒に教えるための教育をきちんと受けていらっしゃることが分かるんです。

 

レッスン後に表示される、先生によるフィードバックのコメントも毎回とても勉強になっています。「ここが悪い」ではなく「こうしたらもっと良くなりますよ」というアドバイスなので、本当にありがたいですね。今日はムダだったなと思ったレッスンは今までに1度もありません。

 

知らないことを、英語で学ぶ楽しさ。

 

それから、興味があることを英語で勉強できるのがとても楽しいです。
たとえば私は<興味がある分野>として「科学・テクノロジー」も選んでいるのですが、まったく知らない分野なので、すごくやりがいがあります。
なぜテクノロジーについて勉強しているかというと、英検の問題でよく出てくるからです。教師をリタイヤして時間ができたら英検1級に挑戦したいので、そのために少しずつ準備をしています。

 

 

クラスメートの方たちの、英語がすばらしい。

 

vipabcのオンライン英会話レッスンは、基本的に少人数制ですが、クラスメートの方たちの英語やディスカッションでのご意見を聴くと「あぁ素敵だな」と思うんです。先生の英語はもちろん完璧なのですが、クラスメートがおっしゃったフレーズは心に残りますね。
「あ、こんなかっこいい言い方があるんだ。私も使ってみたい」と思ったり。

 

また、クラスメートの学ぶ姿勢にもとても刺激を受けるんです。
よくご一緒になるクラスメートが、本当にきれいな英語を話す方で、先生がクラスにまだいないときに思い切って話しかけてみました。すると留学したわけではなく、ずっと日本で勉強されていたとのことで「素晴らしいな」と思いました。

 

それから、最初の自己紹介で「今仕事から帰ってきて、すぐレッスンを受けています!」という方もよくいらっしゃいます。時間がない中で頑張っているクラスメートの方たちに出会うと、自分も頑張ろうと思えるんです。

 

分かったときの、生徒の顔を見るのがうれしい。

sky_image_s

ここは地方の小さい町です。英語が苦手だという生徒も多いのですが、そういう生徒が「あ、分かった!」という顔をするとき、最高に幸せを感じます。
vipabcのレッスンで講師の先生と話したことを、英語の授業で披露することもあります。「昨日、外国人の方にこんな話を聞いたのよ」と言って。
産休の先生の代わりに1年だけ、と始めた高校教師の仕事もあっという間に10年。もうしばらく続けていきたいと思っています。

 

 


【担当語学コーディネーターからのコメント】
体験レッスンご案内時に「自分の英語力アップと、生徒たちへの情報として良いものがないかと思っていた」と仰っていらした言葉を今でも覚えております。
レベルが上がられるとともに、いつからかレッスン後のコメントもAll Englishでご記入くださるようになりましたね!
これからも世界中の講師たちからお感じになったことを、生徒の皆様にご発信いただけましたら幸いです。

無料体験レッスンで、
世界品質の英会話サービスを体験してみよう

無料体験レッスンを申し込む